矯正装置の種類について| 歯並び矯正の豆知識

矯正ブログ

矯正ブログ

2020.09.15

矯正装置の種類について

こんにちわ、洛西口浅井歯科医院です!

最近は気温も少し低くなり、過ごしやすい気候になってきました。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、今回は「矯正装置の種類」についてご紹介します!

”歯並びを綺麗にしたいけど、矯正治療について具体的にはわからない・・・”という方は多いのではないでしょうか?

 

矯正装置には主に

・表側のワイヤー矯正

・裏側のワイヤー矯正

・マウスピース矯正

の3つの治療法があります。

次に、この3つの治療のメリットを簡単にご紹介させていただきます。

まず、表側のワイヤー矯正は最も一般的な矯正方法で、歯の表面にマルチブラケットという器具をつけてワイヤーを通して歯を並べていく方法です。他の矯正方法に比べて比較的費用が安く、違和感が少ないことがメリットにあげられます。

反対に、裏側矯正(リンガル)では、ブラケットを表側ではなく裏側に装着するので表側からは器具が見えず、矯正をしていることに気づかれにくいです。異物感は強いですが目立ちにくいので外見上のストレスがないのが最大のメリットです。

マウスピース矯正(インビザライン)は、先程の2種類に比べてワイヤーやブラケットを一切使わず、取り外しのできる透明のマウスピースを用いるのであまり目立たず、歯磨きも行いやすいため虫歯になりにくいというメリットがあります。

 

治療中の見た目や適性条件など、この他にもそれぞれにメリット・デメリットがあります。

どの方法が自分にぴったりの治療法なのでしょうか?

浅井歯科では無料の矯正相談(予約制)も行っているので、まずはお気軽にお尋ね下さい。