下顎が上顎より前に出ている受け口の特徴や治療例

下の前歯が上より出ている(受け口)

下の前歯が上より出ている(受け口)

受け口

受け口(下顎前突)とは

一般的に「受け口」や「しゃくれ」などと呼ばれるものを下顎前突(かがくぜんとつ)や反対咬合(はんたいこうごう)と呼びます。 受け口は特に日本人に多く、「日本人で最も多い顎変形症(がくへんけいしょう)」と言われています。 顎変形症は、咬み合わせ不良や顔の変形などの異常な状態をいいます。 受け口がひどい場合は外科手術を伴う矯正になることもあります。

受け口(下顎前突)の原因

原因は大きく分けて二種類とされ、遺伝による先天的なものと、習慣などによる後天的なものです。親のどちらか一方が下顎前突であれば、子に遺伝する先天的な要因がある可能性があります。しかしながら後天的な要因も重要視されており、指しゃぶりや舌癖、頬杖を長時間ついてみたり、同じ方向の歯で噛む、いつも同じ方を下にして眠ってみたり(寝ぐせ)、口呼吸など、習慣的要因が受け口のリスクを高めます。

問題点

  • 咀嚼の効率が悪くなる。(咀嚼能率の低下、咬合力の低下)
  • 発音がしにくくなる。(特にサ行、タ行)
  • 見た目に影響する。(歯並びだけでなく、顔の印象も変わる)
  • むし歯・歯周病のリスクが上がる。(口呼吸により、口の中が乾燥して自浄作用のある唾液分泌 が減ってしまう

症例1

受け口・開咬
B様 18歳
治療期間22か月 健康保険適用
受け口と奥歯でしか噛んでいない開咬のケースです。
外科手術と矯正で治しました。