矯正治療

小児矯正

小児矯正:写真

お子様のうちに歯列矯正治療を行うことはとても大切です。
それは、全身の健康に関わってくるからです。長い間歯並びが悪かったり噛み合せが良くないと顎がうまく成長しないばかりか、肩こり、骨格の歪みへと繋がってしまいます。
また、小児矯正よりも成人矯正の方が時間もかかります。

お子様の歯並び・噛み合せが気になりましたら、まずは歯科医院にご相談下さい。
不正咬合は自然治癒はしません。顎が成長過程にあるお子様のうちに矯正治療を始めることで、より適切な骨格形成と噛み合せに改善することができるのです。

小児矯正のメリットとデメリット

小児矯正のメリット

小さいお子様は、指をしゃぶったりあまり固いものを食べないため、噛み合せが悪くなる傾向があります。
早期に矯正治療を行うことにより、成人矯正よりも様々なメリットがございます。
お子様のうちに矯正治療を行うメリットは以下のような点が挙げられます。

  • 顎の成長過程で正しい噛み合せに矯正することで、顎の成長を促し、全身の骨格がバランスよく成長できる。
  • 痛みがほとんどない。
  • 顎の骨が柔軟なため、成人矯正に比べ治療期間が短い。
  • 抜歯の可能性を低くすることができる。
  • 成人矯正よりも費用を抑えられる場合がある。
  • 成人になる前に歯並びを改善することにより、噛み合せの悪いことが原因による歯の磨り減り、顎の負担を軽減できる。
小児矯正のデメリット

小児矯正を行う上でメリットがある反面、いくつかのデメリットもございます。

  • 治療が終わっても、顎の成長が終わる15歳くらいまで経過を観察する必要がある。
  • 顎の成長に合わせながらの治療になるため、一時的に歯並びが悪くなる場合がある。
  • お子様の場合、矯正を嫌がってしまい治療結果に差がでる場合がある。
  • 矯正装置に汚れが溜まり易く虫歯のリスクが高まる。

お子様にとって、矯正治療は楽しいものとは言えません。
これらメリットとデメリットを踏まえ、しっかりと担当の歯科医師と治療計画を立てながら大切なお子様の歯と全身の健康を守るためケアをする必要があります。

まとめ

  • 小さなお子様は噛み合せが悪くなる傾向がある
  • お子様のうちに矯正をすることで、顎の成長を促すことができる
  • 成人矯正よりも治療期間が短くなる
  • 矯正装置を装着することにより、虫歯のリスクが高まるためしっかりとしたケアが必要

歯でお悩みの方は是非一度ご相談ください

当院の治療にご興味をもたれた方は下部のボタンより「費用」「資料請求」「お問い合わせ」からお求めのコンテンツへどうぞ。

  • 費用
  • 資料請求
  • お問い合わせ

▲ページトップ