京都でマウスピース型矯正装置をご検討の方はご相談下さい

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置
(インビザライン)

矯正治療をしたいけど、装置が目立つのが心配。
そのような心配をされている患者様のために、矯正装置が目立たないものがございます。
従来の装置は金属が目立っていましたが、透明のマウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用することで目立ちにくい矯正治療を行うことができます。

※マウスピース型矯正装置(インビザライン)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)はオーダーメイドの矯正装置です。マウスピースは透明なので、目立ちにくく審美性に優れています。。その上、マウスピースですので、ご自身で取り外しも可能です。従来の矯正装置は、装置があるためブラッシングがしにくく、虫歯のリスクが高くなってしまいましたが、取り外しができるので、歯磨きもいつものように出来ます。

また、マウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療経過や結果は3Dシステムで表示することができるので、患者様が治療結果をイメージし易いという特徴もございます。さらに、ホワイトニングを同時に行うこともできます。

※マウスピース型矯正装置(インビザライン)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)が適応できないケース

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は症状により、従来の矯正装置と併用しながら矯正していきます。
マウスピース型矯正装置(インビザライン)単独での治療が可能かどうかを検査し、不可能である場合は通常の矯正治療を致します。歯並びのがたつきがひどく、抜歯が必要であれば歯を大きく移動しなくてはいけません。マウスピース型矯正装置(インビザライン)ではそのような症状の場合、理想的な歯並びを実現することが難しくなります。乳歯が抜けている、もしくは生えかけている歯がある患者様、上下の顎のズレがあり、顎の位置の調整が必要な患者様など。

※マウスピース型矯正装置(インビザライン)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

アライナー型矯正装置(アソアライナー)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)と同様、脱着可能の透明な矯正装置です。
マウスピース型矯正装置(インビザライン)と比べて、プレートの材質がさらに薄く、より見えにくい装置です。
また、新しいプレートを作る際に、その時点での歯の型をとるので、より正確に歯を動かすことができます。(毎回歯型をとる必要があります)その他にも、装置の製作までの時間が短い、治療中に、歯の形態を変化させる虫歯などの治療が可能などの利点があります。

マウスピース型矯正装置のメリット

  • 取り外しが出来るので、ブラッシングが通常通りできます。そのため、虫歯のリスクも抑えられます。
  • 目立ちにくい透明のマウスピースです。
  • マウスピースは薄く設計されているので、口腔内の違和感が少ないです。
  • 金属アレルギーの心配がございません。
  • 舌側矯正(歯の裏側からの矯正)のように、発音がしづらくなることはありません。
  • ホワイトニングも同時に行うことが出来ます。
  • 治療の対象とならないケースがあります。
  • 装着時間を守っていただくことができないと、歯が動かず治療が進行していきません。
  • 装着したままの飲食は装置の変形や虫歯の原因になります。

まとめ

  • ・目立ちにくい矯正装置には、審美性に優れた装置・ワイヤー、マウスピース型矯正装置などがある。
  • ・マウスピース型矯正装置(インビザライン)では、治療経過を3Dシステムで表示できる
  • ・マウスピース型矯正装置では、ホワイトニングも同時にできる