京都でインプラントアンカー矯正をご検討の方はご相談下さい

歯科矯正用アンカースクリュー

歯科矯正用アンカースクリュー

インプラント矯正

矯正治療にインプラント?と思われるかもしれません。ここで言われるインプラントとは、アンカースクリューという歯列矯正用の装置を使った治療です。このアンカースクリューを埋入し、これを固定源とする事で、従来では抜歯などを伴っていた難しい矯正にも対応できるようになりました。

アンカースクリューとは

小さなネジのような装置で、大きさはおよそ直径2mm弱、長さは8mm程度です。このアンカースクリューをお口の中に埋入し、そこを固定源として動かしたい歯を引っ張ったりして矯正します。治療のイメージはアンカースクリュー(固定源)にゴムをかけ、そのゴムを動かしたい歯に引っ掛けて引っ張るようなイメージです。

アンカースクリューの
埋入について

口の中にネジを埋め込むのはとても痛いのでは?埋め込んだ後は?治療後の埋め込んだアンカースクリューの痕は?と気になることが多いかと思います。当院では、熟練の医師による診療後、痛みをほぼ感じさせず慎重に埋入いたします。 インプラント埋入後、矯正治療が完了するまではアンカースクリュー近辺を不潔にしていると、そこから腫れたりしますので、ケアを徹底して頂くことになります。 治療後、アンカースクリューを除去した骨の痕は、ゆっくりと再生し元の状態に戻りますのでご安心ください。

メリット

  • 従来の治療では、移動させるのが難しかった歯の移動が容易になった。
  • 従来では抜歯していた歯を、しなくても済む場合がある。
  • 従来の治療と比べ、細部の仕上がりが良くなりやすい。
  • 動かしたい歯に力を集中させることができるので治療期間が短くなりやすい。

まとめ

  • ・アンカースクリューというネジのような装置を埋入する。
  • ・埋入後はお口の中を清潔にしましょう。
  • ・治療終了後の傷跡はゆっくりと回復する。
  • ・難しい症例に対応し、治療期間も短くなりやすい。