さまざまな不正咬合の治療例一覧ページ

治療例

治療例

矯正歯科コンシェルジュの治療例

ここでは、当院で治療して頂いた各治療例のご案内をしています。不正咬合(悪い歯並びや咬み合わせ)の種類に応じて紹介していますのでご参加ください。また、当院の「見えない矯正治療」として、裏側矯正(舌側矯正/インコグニートなど)の治療例も掲載しておりますので併せでご参考ください。

出っ歯

出っ歯(上顎前突)は上の歯が前に突き出ていて、口をうまく閉じられない症状です。
噛み合せや審美面も悪く、健康に影響を及ぼす場合もございます。

受け口

受け口(下顎前突)は、下の歯が前に突き出した症状です。
出っ歯と同様に噛み合せや審美面も悪く、健康に影響を及ぼす場合もございます。

叢生

叢生(そうせい)とは、歯が重なりガタガタになっている歯並びをいいます。
八重歯や乱ぐい歯などもこの症状に含まれます。歯並びがガタガタなので歯磨きが上手くいかず、口腔内の衛生面が悪くなります。

開咬

開咬とは、前歯が閉じれずに奥歯のみで咬んでいる状態の歯並びをいいます。発音がしにくかったり、前歯でものが咬めないために奥歯ばかりを使い顎のバランスに影響を及ぼします。

裏側矯正

歯の裏側に矯正装置がありますので普段はほとんど目立たず、他人からは治療中だということが気付かれにくいです。