歯列矯正装置の種類について

矯正装置の種類

矯正装置の種類

歯列矯正装置の種類

矯正治療をしたいけど、装置が目立つのが心配。
そのような心配をされている患者様のために、矯正装置が目立ちにくいものがございます。
目立ちにくい矯正は、従来金属が目立っていた装置が透明になったマルチブラケット装置やマウスピース型矯正装置(インビザライン)などがございます。

※マウスピース型矯正装置(インビザライン)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

目立たない矯正装置(舌側矯正)

リンガルブラケット矯正装置(舌側矯正)

他の矯正装置より価格は割高となりますが、周囲から気付かれることなく矯正治療を行うことができます。 そのため、矯正しているようには見えず、審美性が保たれますので接客業や芸能関係の方にも人気の装置です。

カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置(インコグニト)

カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置(インコグニト)は患者様一人ひとりの歯に合わせてブラケットとワイヤーをオーダーメイドで設計します。設計にはCAD/CAMという3Dシステムを用いられ、お口元に完全にフィットする矯正装置を作製することが可能です。

※カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置(インコグニト)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

リンガルブラケット矯正装置(STb)

リンガルブラケット矯正装置(STb)は、「快適で、速く、確実な治療システム」を実現するために、Dr.Sucuzzo(イタリア)と竹元京人先生(E-LINE 矯正歯科、東京)が共同で考案、開発した舌側矯正装置です。STbは、薄くて小さく、全体的に丸みを帯びているという特徴があります。

目立たない矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

プラスチックで出来た透明なマウスピース装置です。取り外しが可能で、2週間に1回交換することにより徐々に歯を動かし理想の歯並びへ近づけます。 ホワイトニングを同時に行うことも可能です。 見た目は透明なので目立ちにくく、金属アレルギーの方でも問題ございません。

※マウスピース型矯正装置(インビザライン)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

アライナー型矯正装置(アソアライナー)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)と同様に、透明で取り外しができるアライナー型矯正装置です。 マウスピース型矯正装置(インビザライン)より薄くて目立ちにくいですが、毎回その時点の歯型を取る必要があるため、歯型を取ることが苦手な方はマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療の方が楽と言えます。

セルフライゲーションブラケット装置(クリッピー)

今までとは違うタイプのブラケットを使用した矯正装置です。 小さな金属製のものと、ナチュラルな白いセラミック製の2タイプがあり、歯列矯正をより美しく見せることができます。 治療の各段階に合わせて、適切なワイヤーやブラケットの固定度合いを選べる為歯牙移動を柔軟にコントロールして、より効率的に歯を移動させ治療効果を上げるとともに、患者さんの負担も軽減します。開閉するクリップにより、アーチワイヤー交換が容易に行え、治療初期から後期まで、必要に応じた矯正力・コントロールを選択することが可能です。

セルフライゲーションブラケット装置(デーモンシステム)

従来のブラケットはO-リングなどの結紮線によってワイヤーとブラケットをひとつひとつ固定していましたが、セルフライゲーションブラケット装置(デーモンシステム)ではシャッター式のブラケットを採用しており、ワイヤーを固定せず挟み込む構造をしています。ブラケットの動きに自由度があり人間の持つ自然の力でブラケットが移動するため、より優しい力を持続的に付加でき、痛みに配慮した治療を行うことができます。

まとめ

  • ・矯正装置には様々な種類がある
  • ・目立ちにくい矯正といった選択肢がある
  • ・子供の矯正で使用する装置もたくさんある