京都で永久歯列・大人矯正をご検討の方はご相談下さい

永久歯列(大人)の矯正

永久歯列(大人)の矯正

永久歯列(大人)の矯正

矯正治療って子供のうちにしないといけないのではないか?決してそうではありません。大人になってから矯正治療を行うことでも歯並びは改善します。昨今は、透明のマウスピース型矯正装置(インビザライン)や、透明で目立ちにくいマルチブラケット装置や、リンガルブラケット矯正装置(歯の裏側に装着する装置)が登場し、矯正治療を行っていることが他人の目からはわかりにくくなってきました。

大人になってから矯正治療を行うことで、コンプレックスだった歯並びを綺麗にし、抵抗なく笑顔を見せることができます。そして、矯正治療によってもたらす効果は見た目だけにとどまりません。歯並びを正しく矯正することにより、歯磨きなどのケアを行き届かせ、虫歯や歯周病などのより長く、ご自分の健康な歯を維持していただく狙いがあります。

また、咬み合わせが悪いまま長年過ごすと、顎の関節に痛み(顎関節症)が出る場合があり、顎の筋肉のバランスが乱れることで肩こりや頭痛などの症状に繋がるとも言われています。歯並びを正しく矯正することは、今後の私生活においても多大な影響を与えます。

※マウスピース型矯正装置(インビザライン)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

永久歯列(大人)の矯正の
メリットとデメリット

永久歯列(大人)の矯正のメリット

ここでは大人になってから受ける矯正治療のメリットをご紹介いたします。

  • 見た目のコンプレックスを解消
  • ケアしやすい歯並びになることで歯周病予防に繋がる
  • 治療に対する理解が得られやすい(ご本人が患者で、小児矯正のように保護者の希望による 治療ではない場合が多い)
  • 成長過程の骨格バランスを考慮した治療計画を立てる小児矯正とは違い、成長過程を考慮せず治療計画が立てれるため、小児矯正より短期間で終わる場合がある。

永久歯列(大人)の矯正のデメリット

小児矯正と違い、顎の成長過程でのバランスを考慮した治療計画が立てれないのは、メリットでもありデメリットでもあります。大人の矯正では、小児矯正とは違ったデメリットもあるので、その点についてご紹介します。

  • 治療費が高くなりがち(お仕事などの影響を考慮して舌側矯正(歯の裏側からの矯正)を選択されやすい)
  • 成長過程の骨格のように成長に合わせた調整ができないため、場合によっては外科手術を伴う場合がある

早いうちに矯正治療を行うことも、大人になってから矯正治療を行うことも、それぞれにメリット・デメリットが存在します。 患者様にあった治療方法を相談し、ご提案させて頂きますので、ぜひ当院へご相談ください。

まとめ

  • ・見た目のコンプレックスを解消する。
  • ・歯並びを改善することで歯のケアが行いやすくなる。
  • ・ご本人の意思で矯正治療を開始されるため、治療に対する理解や協力が得られやすい。