ミニインプラントについて| 歯並び矯正の豆知識

矯正ブログ

矯正ブログ

2018.09.20

ミニインプラントについて

こんにちは!洛西口浅井歯科医院です。

最近は肌寒い日が続きますが体調はいかがでしょうか?

風邪をひかないように体調管理をしっかりしてくださいね。

 

今回はインプラントアンカー(ミニインプラント)について

ご説明をさせて頂きます。

 

インプラントアンカーとは、小さなチタン製のネジのことで

歯の矯正における強力な固定源の役割を果たします。

 

インプラントアンカーを顎の骨に埋入することで

歯だけでは限界のある強い力をかけることができ、

矯正期間の短縮に大きな効果を発揮します。

 

適応症としては、

・今までの装置だけでは得られなかった強力な固定源を必要とする症例

・抜歯をして前歯を動かしたいときに、同時に奥歯が移動してしまう事を避けたい症例

・奥歯を大きく動かしたい症例

・歯列全体を後方に移動させたい症例

など、様々な症例に効果を発揮します。

 

インプラントアンカーは

矯正治療のひとつの手段としてご提案させていただく場合がありますが、

日常生活において見えてしまう場所に埋入するわけではないので

目立つこともありません。

 

矯正が終了したあとにインプラントアンカーを抜く施術をしますが、

抜いたあとに傷跡になることもほとんどありません。

 

なので、審美的にも安心して施術を受けて頂けます。

 

人によって、合った装置や矯正の進め方は違いますので

患者様に合った矯正治療方法をご提案させていただきます。

 

矯正相談は無料で行っていますので、

ぜひ一度いらしてくださいね!